着物で舞妓体験は、京都だけじゃない

舞妓さんといえば、京都です。
そして、京都観光といえば、着物で舞妓体験に憧れる人も多いと思います。

着物レンタルで舞妓体験は、やってみたいけれどちょっと恥ずかしい。

でも、せっかく京都にいったのならば、一時の恥はかき捨ててでも着物レンタルで舞妓体験をしてみるべき。

そんなふうに悩んだのですが、やはり迷いの気持ちが大きくて、前回京都旅行へ行ったときは、ついに着物レンタルで舞妓体験をせずに帰ってきてしまいました。

あとになるととても後悔して、すごくやりたくなってきました。

そして、少しネットで調べてみると、なんと東京でも、着物レンタルで舞妓体験ができるところがいくつかあったのです。

これなら、迷いに迷わなくても、「やりたい」と思ったらすぐできそうです。
いつか必ず着物レンタルで舞妓体験をしてみたいと思います。

021

 

 

 

 

 

お買い物 (*^^)v

30i

新居の家具や家電の購入は意外と大変です。
せっかくの機会ですから気に入ったものを購入したいと思うのですが、
なかなか決められないでいます。

インテリアを楽しんでいたのは新婚当初だけで、子供ができ、日本全国
を転勤していると、だんだんどうでも良くなっていきました。今更のように
インテリアに興味がわいたのですが、どこから手を付けていいのやら…

(〃´o`)=3 フゥ

目指すは北欧モダンなお家。子供ももう大きいですし、ちょっとシックな
感じの家にしたいと思っているのです。
家具はなんとかきまりましたが、難しいのが照明やファブリック。それひとつ
で雰囲気が随分変わってしまうので、選ぶ方も慎重になります。引越まで
に気に入ったものを見つけられるのか不安になります。(。ŏ﹏ŏ)

中古の木製パレットの体積と値段との関係

30h

中古の木製パレットの値段は、商品によって様々です。
パレットAの値段は400円前後ですが、パレットBの場合は
350円前後などと色々あります。
ところでその値段は、どのような要素によって決まるのでしょうか。
たいていは体積ですね。上記の例で申し上げると、パレットA
面積は1万平米センチだとします。ところがパレットBの場合は、
9千平米センチなどの具合です。
つまり面積が大きくなれば、その分値段も高めになる傾向がありますね。

またパレットには、厚さもありますね。たいていのパレットは厚さが
14センチ前後なのですが、15センチや16センチなどと厚いものに
なると値段も割高になる傾向があります。つまり中古の木製パレットの
体積と値段には、比例の関係がある訳です。 ( 。∀゚)Д。)。∀゚)Д。) 納得納得

天気の良い日は明るい気分でいられます❤

30h

天気の良い日はやっぱり一日気分がいいです。
実は結婚する前は日差しの強い日は苦手でした。
日焼けするし肌トラブルも目立つので、うす暗い曇り
の方が好きだったんです。

しかし結婚して家事をするようになると、天気が良い方が
はかどるんですよね。洗濯ものがカラっと乾いてくれるし、
掃除してもホコリっぽくなりません。それに子供とお出かけ
するのにももってこいですし、外が明るいと気分も明るく
なります。それでもやはり紫外線は心配なので、子供も私も
外に出る時には日焼け止めと帽子を欠かしません。
今日は太陽のニオイがするふかふかの布団でぐっすり寝る
予定です。