長女のお誕生日会

長女の誕生日、本当は今年は火曜日なのですが、

平日で夫が一緒にお祝いできないので、

日曜日にお祝いすることにしました。

私が即席で作った折り紙のガーランド

ものすごく喜んでくれました。

100円ショップで買おうと思ったら

売っていなくて、慌てて作ったんですけれど、

子供は手作りしてもらったほうが嬉しいんだな

と改めて思いました。

パーティーのメニューは何がいい、

と前に聞いたら焼肉、と言われたので

準備は簡単です。

張り切って夫がたくさんお肉を

買ってきてくれました。

というか、買いすぎなくらい、

お肉やら野菜やらを買ってきました。

案の定、娘はすぐにおなかがいっぱい…

と言ってギブアップです。

ケーキがおなかに入る分も

ちゃんと開けているようです、

昔は限界まで食べ続けて吐く、

というのがこの子のパターンだったのですが、

人間ちゃんと成長するものですね。

ケーキはあらかじめ予約してあった、

くまの顔のケーキです。

ロウソクを好きなところに立てたい

というので任せておくと、

くまのひげのようにロウソクを

並べていました。

ケーキはすごい勢いで食べるのかな、

と思いきや、大き目の一切れで

おなかがいっぱいだというのです。

どうやら、胸がいっぱいで

食べられなくなってしまったようです。

具合が悪いわけではないし、

元気だし、プレゼントのおもちゃを

楽しそうにいじっているので、

良かったと思います。

翌日は朝から自分の部屋に

こもっている娘、何してるの?

と聞くと、学校から帰ってきたら

どのおもちゃで遊ぶか考えている、

というのです。楽しいおもちゃ

いっぱい手に入って良かったね。

party_table

かまぼこを使ったビールに合うつまみ

照りつける太陽がまぶしくとても暑い日、そんな日はどうしても喉が渇きます。

近所のスーパーに夕飯の食材を買いに行ったはずなのに、

気が付けば買い物かごにビールを入れてしまったりしています。

そして、ビールを飲むならやっぱりつまみも必要だなと考え、

様々な商品を物色した後、その中のいくつかの商品も買い物かごに入れます。

いざレジで清算する段階になって、当初の予算をオーバーしていることに

気づくことが多いです。そんなビールのお供として私が

よく購入する商品の一つに、かまぼこがあります。

元々練り物が大好物ということもあるのですが、

特にかまぼこは、ちょっとしたつまみにはぴったりな商品なのです。

かまぼこの食べ方としてまず最初に思いつくのは、

シンプルにわさびと醤油だけでいただくことです。

鼻から抜けるわさびの香りと、コクのある醤油の旨み、

そしてかまぼこのプリッとした食感と甘味が合わさっていて最高です。

難しい調理も全く必要なく、さらにコストが安く済むという部分も大変魅力で、

ビールのつまみとしてはまさに打ってつけなのです。

さらに少しだけ手を加えるとするなら、

ただ焼いてみるというのも良いと思います。

少しだけ醤油を付けて口にすると、そのまま食べたときとはまた違って、

やや香ばしさのある味を楽しむことが出来ます。

ここまで書いたものだけで、軽くビール二本ぐらいは飲んでしまいそうです。

もしも、時には少し手の込んだ調理もしてみたいと思ったら、

他の食材と合わせてみるのもおすすめです。

その中でも特に私が美味しいと思う組み合わせは、かまぼことオクラ、

そしてこんにゃくの三種です。

それらを簡単に炒め、酒と醤油とごま油で味を調えます。

そしてお好みで一味などを使ってみるのも良いと思います。

そのままわさびと醤油で食べるのに比べると、

もちろん手間はそれなりにかかりますが、

その分しっかりとしたつまみになったという実感が持てる一品です。

これからもかまぼこを使って、ビールに合ういろんなつまみを

作って行こうと思います。

いまでは様々なかまぼこが販売されているので、楽しみも増えました。

おやつの時間

「ただいまー!お腹減った、おやつー!」というのが、
小学生男児としては当たり前だと思っていました。
でも、最近の息子達は(ーー;)そうではないのです。

ただいまと言って、片づけもしないで遊ぼうとするから、
怒られるのはよくある光景ですが、
その後の「お腹減った」がありません。
こちらもさっさと済ませてしまいたいので「おやつは?」と聞くと、
「うーん、今はいらない」といいます。

初めはそんなに給食を一杯食べてきているのかとか、
運動不足でお腹が減らないのかしらと思っていました。
でもそうではないのです。
単純に、(>_<)早くゲームであそびたい、(>_<)早くテレビを見たい
そういう気持ちからだったようです。
その欲求に比べると、おやつは負けてしまうのです。

どうしておやつが負けるのか、それには我が家のルールが関係してきます。
ゲームやテレビを見たら、間30分は空けてからではないと、
次のゲームやテレビをしてはいけないというルールがあるのです。
なので、1つ目を早くやらないと、もう1つができない・・・ということなのです。

落ち着いた頃には、おやつなんてまた忘れていて、
結局6時頃になって「お腹減った」と言いだすのです。

元は自分の作ったルールのせいとはいえ、
どうにかならないものかと(;一_一)悩んでいます。

やはり、もっと運動して、倒れるほどお腹ペコペコになってから、
(^_^;)帰ってきてもらうしかないのでしょうかね。

古い友人の一言でホームページ作成の道へ

高校の時の同窓会の席で友人たちに20年ぶりに会いました。

仲良しグループの殆どが(^_^;)主婦になっていましたが、
2人くらいはまだ未婚で、仕事をしていました。
そのなかのリーダー的存在だった明子(仮名)は、大学で理系の分野に
進んだので今もバリバリの(*^_^*)キャリアウーマンで、
昨年会社を立ち上げたと言っていました。

具体的には奈良でホームページ作成を請けおう会社のようです。
確かに美術的センスもあった明子なので理系の実力も相まって、
適職についたと思いました。

具体的に企業のホームページ作成が主な仕事内容で、
頑張っているそうです。

人生いろいろ、明子の人生もエキサイティングで
まわりの友人たちが(^_^;)真似できないものだと思いました。

私は私で、平凡な幸福の中に生きていますが…
自分の目標を外に置いて、会社をまとめあげて仕事する明子に、
あこがれの気持ちが湧き上がりました。

そんな雰囲気を察したのか明子が後日、
メールで仕事をいっしょにしないかとお誘いをくれました。

(@_@;)まさかと思い悩みましたが、むくむくと仕事への興味が大きくなります。
そんな私を見かねたのか、夫がやりたいならチャレンジしたらと
背中を押してくれました。
専業主婦しかしたことのない私ですが、人生を(>_<)後悔したくないので
挑戦したい気持ちが日に日に大きくなります。

メールの返事はまだですが、夫にも賛成してもらえたし
OKの返事を出そうと思っています。
私の人生の後半戦はホームページ作成にかけてみようかと思います。