友人と共にみつけた3年前の盗難車

0

先日、長い付き合いの飲み友達と飲んでいた帰りのことです。

久しぶりに休みの前の日、私は一人で馴染みの焼き鳥屋に行き、そこから馴染みのBARに行くという、一人飲み歩きをしていました。午前様になるなあという股間になってきて、そろそろ帰ろうかと思っている時に、飲み友達が現れて、そこからまた飲み始めるという、結局朝までコースの飲みになりました。まあ、どうせなら朝まで飲んで、始発で帰る方が有意義だなと思い、彼に付き合っていたのですが、そろそろ朝方になるから帰ろうと促した時に、彼はまだ飲み足りないのか、お腹が空いたのか、食事をしに行こうと誘ってきたのです。もう既に結構飲んでいて、もう十分お酒は飲めないくらいになってきていた私は、ちょっと無理かなと思いつつも、ご飯を軽く食べるくらいなら大丈夫かなって思ってOKしました。

フラフラと明け方の街中を二人で歩き、他愛のない馬鹿な話を笑い合い、とても楽しい時間だったのですが、歩いている時に彼が突然「あ!」と叫んだのです。何があったのかと聞くと、私たちの目の前に、三年前に彼が大事にしていた自転車がありました。そう、盗難車です。見間違いようがなく、それは彼自身が作った、この世にただ一つの自転車。見間違うわけがありません。すべてオリジナルのパーツを組み合わせ、彼自身がタイヤの組み立てから何からしていたものなのですから。相当大切に、そしてお金もかけて作ったという、その自転車を見た彼は、もうそこから酔いも覚めたらしく、すぐに警察に電話。私も酔いが覚めてきて、とりあえず警察が来るまでは一緒にいようと、寒い中現場に立っていました。もしも、先に盗んだ人がきて、それが危険な人物だったら、友人の身が危ないと感じて帰れなかったのです。でも私みたいなのに何ができるんだろう?ってちょっと思いましたが、叫ぶくらいはできるなと勇気を出して待っていました。

まあ、何事もなく、先に警察が来てくれて、彼は長くかかりそうだし寒いし、先に帰っていいいよと言ってくれて、私は結局、寒さに負けて始発を待たずにタクシーに乗って帰ったのですが、その後ろ窓から警察と友人の姿を眺めながら、とても妙なことに遭遇したなあと思いました。自宅に付いて就寝し、目がさめると彼からメールが届いていて、その後、犯人はすぐには現れなかったので、警察が自転車のそばで張り込みをし、彼は漫画喫茶で待機ということになっていたようですが、2日経っても犯人は現れなかったようです。警察が張り込みしているのがわかったのか、もしくは私と彼がそれをみつけた時に見られて警戒されたのかはわかりませんが、あんなに珍しい自転車を放置するなんて、奇妙なことです。わざわざ登録も変えていたみたいですし、犯人自身も気に入っていたのだと思います。

たかが自転車でも泥棒は泥棒。犯人がわかって処罰されるというか、彼に謝ってほしいなと思いました。きちんと盗難届けも出していて、無事に盗難車は彼の元に帰ってくるようですが、犯人がまた同じことを繰り返さないかなということは心配しています。ただでさえ自転車の盗難って、なんだか普通に多いですし、それで困っている人も多いと思います。軽い罪なのかもしれませんが、もっと窃盗という意識を持ってほしいなと思いました。業者が大量に盗んでいく集団盗難に私もあった一人です。マンションの自転車置き場から20台近くの自転車が盗まれる。そんなことってあります?どんなに堂々と盗んでいるのか。自転車の盗難に対して軽く見ている人が多いと思いますが、この軽視されている困った犯罪を、もう少しキチンと取り締まってほしいなと思いました。
taiho

アメリカで会社設立をする時は自力よりも業者が良い理由

0

アメリカで会社設立をするとなると、方法は主に2つあります。どこかの代行会社に任せる方法と、自力でそれを行う方法があるのです。それぞれメリットがありますが、費用面を重視するならば、後者の方が望ましいとは言えます。
そもそも業者に何かを任せるとなると、たいていは所定の費用を支払いが必要になるのです。それも数千円程度の料金などではなく、1万円や数万円以上の料金支払いが必要なケースが目立ちます。色々と経済的な理由があり、それをできるだけ節約したい方々も多いでしょう。
それに対して自力の方法の場合は、そこまで多くの費用はかかる事はありません。逆に費用を低く抑えられるケースも目立つので、節約したい時には自力の方が望ましい一面はあります。

ところが自力の方法には、1つデメリットがあるのです。かなりの時間を割く必要があるからです。
例えば所定の公的機関に足を運ぶ必要があります。日本の所定の機関に行かなければならず、その時間を割くのが難しい方々も多いです。
また覚えなければならない知識も非常に多いです。書類の書き方1つ取ってみても、相当覚えなければならない事があります。それだけの時間を割くのが難しい方も見られるでしょう。

代行業者に任せるメリットは、そこにあります。手続きの大部分を任せられるので、時間と手間を節約できる傾向があるのです。忙しい時間を節約したいと思う時には、やはり代行業者に任せる方がメリットは大きいでしょう。

以外な場所でデートしてリラックス

0

夫のデートは車で買い物のついでにドライブやランチがメインでした。しかし買い物もスーパーと服などを見て、ちゃんぽんやラーメンといった軽い食事が多かったので、飽きてきていました。

最近、買い物のついでに意外な場所へ行くようになりました。 その意外な場所の一つはずばり神社です。神社やお寺は普段、お正月か法事などの時しか行くことはありません。
デートやドライブで行くカップルは少ないと思いますが、意外にこれが楽しいのです。
神社は思った以上にたくさんあり、駐車場もあるところが多いので車で行くのにちょうどよく、地図で調べてみると行ったことがない神社がたくさんありました。

なぜ楽しく感じたかというと、神社でお参りすると、自然と心が落ち着きます。そして大きな木が植えられているところが多いので、緑を眺めることでとてもリラックスできるのです。
季節が春であれば、梅や桜も咲いている神社もあり、お花に鳥がよってきて、自然を感じることもできます。何より、人が少ないのでゆっくりお花見ができてしまいます。

お参りにきている人は、散歩途中の方や、願掛けの方、たまに結婚式が行われていることもあります。そんなわけで、天気の良い日で暇な時は神社にふらっとドライブするという選択肢が増えました。
もちろん、デパートやアウトレットモール、映画なども楽しいので行きますが、普通のデートに飽きたら、神社に行くのがおすすめです。緑の中でお参りすると、気持ちもシャキッとしてリフレッシュできます。最近祖母も誘って一緒に連れていってみたら、とても喜んでもらえました。有名な神社では、お茶やカフェがあるところもあるので、休憩にぴったりです。そんなわけで今後もしばらく神社めぐりが続きそうです。

ランドセル購入は一大イベントでした

0

我が家の主人の勤める会社は、福利厚生のひとつとして、社長から、来年小学1年生を迎える子供にランドセルが贈られます。素晴らしい気配りだと思います。

噂では、牛革の立派なランドセルのようですが、第一子である娘が「赤は赤でも、変な色の赤が来たら嫌だから、断って!」と言います。
なんてわがままな娘だろうと思いましたが、最近はランドセルも個性の時代で、いろいろなブランドメーカーや、デパート、老舗ランドセル店、他業種もこぞって競い合っていると聞いて、「それなら、まわりに意見を聞いてみよう。」となりました。

幼稚園年中の1月ぐらいから、お母さんたち同士で話があがり始めます。たまたま選んだ新居は、文教地区(我が家は一般家庭ですが)で、娘の進学する小学校は、市内でも偏差値の高い小学校で、教育にお金をかける家庭が多い様子です。中には、去年のランドセルのパンフレット一式を、ひとつ上の学年のお母さんからいただいて勉強中の人さえいました。

老舗デパートや人気の子供服ブランドやメーカー、老舗のオーダーメードのランドセル店などは、もう年長の5月ぐらいから動きがあるようです。
8月ぐらいになると、もう人気のランドセルは受付終了になっていました。我が家は、限定品やブランドもの、高級なものは、もともと購入する気がなかったのでその辺までは焦りませんでした。

9月ごろ、近所の大型ショッピングセンターにも、色とりどりのランドセルが並び、娘に背負わせてみると、やはりピンクが気に入っている様子です。ピンクと言っても何色もあり迷ってしまいます。あまり早く選んで購入すると、相手はまだ幼稚園児なので入学直前に「やっぱりこっちの色がよかった。」ともめるとも聞きましたし、かといってこのままズルズルと引き延ばして、いざ購入するときに欲しい色がなかったらと葛藤がありました。
コードバンや牛革、クラリーノの素材選びや、色や、A4ファイルが入る大きさが必要かなど、同じマンションの3歳年上のお姉さんとそのお母さんから情報収集をしました。

その母娘から、「色や柄が凝ったものは犯罪の標的になりやすいし、学年が上がるとシンプルなものがよかったと後悔する。教科書が重いから軽い方がいい。みんな粗雑に扱うから、早い段階で傷だらけになるから、それを承知で高いものを購入するか、カバーをつけるか。たいていのランドセルはA4ファイルは入るから心配ない。」と教えてもらいました。通学する小学生の背中をみて、リサーチもしました。
我が家は転勤族だし、やはり色は、できるだけ赤(ピンクっぽい)でクラリーノにしました。

ちょうど、ランドセル専門店の型落ち品即売会があり、参加してみたら、CMでもよく耳にする有名ランドセルメーカーの2年前の型落ち品(新品)が2万5000円で、しかもクーポンでさらに3000円引きでした。
色も娘も納得できる赤があり、一緒に来ていたおばあちゃんに買っていただきました。おばあちゃんは、5~6万は覚悟していたようですが半額で済んで、驚いていました。

結局、娘は、色よりもランドセルを買ってもらえたことがうれしかったようで、あまり色は関係なかったようです。
1年がかりのイベントでしたが、納得いくものが購入できてよかったです。