自動車を廃車にする理由はやむなくが多い?

0

自分自身は廃車にした経験はまだないのですが、自分が子供の頃から親に乗せてもらっていたファミリーカーが新車購入から13年、走行距離も20万キロを超えていたので車検満期でそのまま廃車にしていました。自宅まで引き取りに来てくれたようですが、連れて行かれる数日前まで乗り回していた愛車の後姿に涙が出たと言っていました。親が私宛にその後ろ姿の写真を携帯に送信してくれたのですが、確かに寂しく感じ、それと同時に今までいろんなところに連れて行ってくれてありがとうと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

もう一件はつい最近の話なのですが、家族が単独事故を起こしエアバッグが出てくるほど縁石に激しくぶつけてしまいました。オイルも漏れており、シートベルトもガチガチ、ギアもロックがかかって走行不能になってしまったのに運転していた人間は無傷で帰宅したのにびっくりしました。
濡れた子犬のようになって帰宅してきましたが、不注意で事故を起こして走行不能にしてしまったのでお説教です。その後、車を買わないわけにはいかないのでいつもお世話になっている車屋さんに出向いたのですが激しく凹んだフロント、飛び出したエアバッグを見て、私は普段乗る事はなのですが乗り換えて1年経ち愛着も湧いてきた頃なのにと切なくなりました。
余談ですが、上記単独事故の事故処理をしていた警察官が該当車両を調べている最中に操作を誤りバックしてしまい、後ろに付けていたパトカーに思い切り突っ込んでしまい現場が騒然としたそうです。その場で警察側が悪いです申し訳ありませんと謝罪を受けたと言っていました。

話を戻しますね。事故を起こした車を乗る事になった経緯も先代が故障して廃車にしたからなのですが、先代はCVTが壊れてしまい年式は古いけど状態も良い同クラスの車を格安で譲って頂けることになったので廃車手続きをして乗り換えました。税金は3か月分、自賠責は半年残っていたので還付がそこそこの金額ありました。
1年前にそのような手続きがあったので今回はどのくらい戻ってくるかと計算しましたが、車検までまだ1年以上ありましたので今回は還付の金額が大きいです。乗り換える車代とは別物と思いお祓い代などに充てようかと思います。

こうしてみると自動車の廃車処分にもさまざまな理由がありますね。

妊娠6カ月にしてマタニティーウェアについて一度考えてみました

0

妊娠してから初期のうちはつわりなどの体調の変化でどうなってしまうのだろうと不安でたまりませんでした。
仕事も何日も休んでしまい、シフトも変えてもらったりして、これは元の生活にはなかなか戻れないだろうなと覚悟を決めていました。
そのため早い段階からマタニティウェアも購入しておこうとパンツとインナーだけは一枚ずつ念のため購入していました。

それが5か月に入るとすっかりつわりはなくなり、体調面は絶好調で仕事もほとんど今まで通りに働けるようになっています。
それどころか主人と一緒にお出かけもどんどんできるようになって、最近では毎日散歩をしたり休みの日は外食をしたりと楽しんでいます。
趣味のソーイングも積極的にできるようになってベビー用品はもちろん大物のカーテンを作り始めました。

そして驚いているのはマタニティーウェアが全く活躍しないままということです。
私の予想だと6カ月にもなればもっとお腹は大きくなっていつもの服だと間に合わなくなるのではないかと思っていたのですが、いつもの普段着で全く問題ありません。
確かに先月よりも明らかにおなかは大きくなっているのですが、私の持っている服が少しゆとりがあったのもあり洋服にはまったく困りません。
そのため今のところ自分から話さない限り誰にも妊娠していることを気付かれないままでそれだけは少し寂しく思うこともあります。
ただ今のところ持っている服で間に合っているのはすごくラッキーです。
いつまで購入せずに済むのかはわかりませんが、せっかくならシーズンが変わるまではとりあえず乗り切れないかなぁと思っています。
どうせなら完全に妊婦さんとわかるような格好もしてみたいのでもっとお腹が大きくなったらマタニティーワンピースも着てみたいと思います。

あと、気になっているのは持っているデニムのウエストに取り付けるゴムのようなものがあって、それがあればチャックを開けたままおなかが大きくなっても着用が可能なようなのでそれも購入を検討してみようと思っています。
まだまだ私の知らない便利なマタニティアイテムもあると思うので余裕のある今、色々調べてみようと思います。
akachan_ninshin

めっき装置の見直しによる大幅な経費削減

0

めっき装置を用いる時には、様々なコストは生じる事になります。それで装置を別の物に変えますと、かなりの程度までコストカット可能なケースもあるのです。
例えば電力の使用料などは、かなり事例が多いです。当然その装置を用いる時には、一定程度の電力は必要なのですが、少なくともそれは装置によって違いがある事は間違いありません。かなりの大電力を消耗する装置もあれば、もちろんそうでないタイプも存在する訳です。後者のタイプならば、コストを相当削減できる事も多いです。

それと、原材料に関する事柄も見過ごす事はできません。そもそもめっき装置を使うにしても、様々な材料を使う事だけは間違いありません。薬品や亜鉛の板など、様々な物品は必要なのです。

ただ必要量なども、やはり製品によって異なるのも事実です。上記の電力とほぼ同様です。ですのでコストカットを望むなら、やはり求められる材料のボリュームが少ない製品を選ぶと良いでしょう。

また水の使用量に関する違いもあります。少なくとも装置を使う以上は、少なからず水を使う事になりますが、それも装置による違いはあるのです。
このような装置の見直しなどは、ぜひ行ってみると良いでしょう。よくよく計算をしてみると、必要コストを50%ほどカットできる事もあります。
毎月のように60万程度のコストが生じているなら、それが30万程度にまで削減されれば、とても嬉しいですね。
なお大阪のめっき装置の会社によっては、その計算などを代行してくれる事もあります。どうも経費が大きすぎる時には、装置会社に相談してみると良いでしょう。