普通車の名義変更のやり方

普通車の名義変更のやり方についてご紹介します。
名義変更とは車検証の所有者を変更する手続きです。
これって、行政書士さんや車屋さんに頼むと万単位でお金取られます。自分でやれば印紙代とかはかかりますが最低限でおさえることができます。
でも、めんどくさいんでしょ?やったことないから自分で手続きするのは不安だとお思いの方に教えます。
揃えるものを注意事項を交えて紹介します。

1、車検証
車に備え付けてありますよね。車検が切れている車は名義変更できませんので、必ず車検証の有効期間を確認して下さい。

2、譲渡証明書
運輸支局のホームページに様式がありますので、印刷して使いましょう。
旧所有者の実印の押印が必要です。
車台番号は訂正できませんので、間違えないように注意してください。

3、旧所有者印鑑証明書
発行から三ヶ月以内のものです。

4、旧所有者委任状
(本人が窓口に行く場合は委任状不要。実印をお持ち下さい。)
委任状の様式は運輸支局のホームページに様式がありますので、印刷して使いましょう。
旧所有者の実印の押印が必要です。
委任者と受任者を間違わないように記入してください。氏名は実印でしか訂正できません。

5、新所有者印鑑証明書
発行から三ヶ月以内のものです。

6、新所有者委任状
(本人が窓口に行く場合は委任状不要。実印をお持ち下さい。)
委任状の様式は運輸支局のホームページに様式がありますので、印刷して使いましょう。
新所有者の実印の押印が必要です。
委任者と受任者を間違わないように記入してください。氏名は実印でしか訂正できません。

7、車庫証明書
新所有者のお住まいの管轄の警察署に行って取得してください。大体、申請してから車庫証明書ができるまで一週間かかります。

8、手数料納付書
運輸支局の窓口に備え付けてあります。

9、手数料印紙代500円
手数料印紙は運輸支局の窓口で買えますので、手続きする日に購入します。

10、申請書代(25円)
申請書は運輸支局の窓口で買えますので手続きする日に購入します。
申請書は機械に通しますので、鉛筆で記入します。
131817s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。