非破壊検査と超音波探傷器の利用で事故を減らすことが可能。

1q

近年問題となってきているのが、高度経済成長期に建てられた
ビルや道路、橋などの劣化の進み具合です。
よくニュースなどでコンクリート片が落下したとゆう話を聞きますが、
これは使用されているコンクリートや中の鉄骨の劣化によって起きる
事故です。 ..・ヾ(。>д<)

通常であれば、一部をくり抜いたりして内部の状態を調べるのですが、
この方法だと対象物を傷つけてしまいますし、くり抜いた部分を元に
戻しても強度までは元に戻らないとゆう欠点があります。
非破壊検査と超音波探傷器は、対象物を傷つけずに内部の状態などを
調べることが出来る方法と道具で、金属やコンクリート、木材やセラミック
など幅広く検査を行うことが可能です。非破壊検査の方法には色々な
形式があり、対象物の表面に電気を流して目に見えないキズなどを
調べる渦電流探傷試験や表面の我等を調べる磁粉探傷試験、赤外線を
使用して内部の状態を見るサーモグラフィ試験などが特に有名です。

その中でも超音波探傷器を使用した検査は非常に幅広く使用されており、
最近では高速道路の劣化を調べることに使用されたり、建築されて何十年も
経ったビルの劣化を調べるために利用されたりしています。もちろん木造建築の
建物にも使用できますので、使用されている柱の状態を調べたりすることにも
有効です。劣化以外にも、生産した商品の検査にも非破壊検査と超音波探傷器は
利用されており、出荷前に検査を行うことで不良品を排除することが可能になって
います。特に建築部材への利用が多いようで、出荷前に鉄骨などの内部のヒビ等
を調べることにより、数十年後の資材の劣化を出来る限り無くすことが出来るため、
現在では非破壊検査と超音波探傷器は無くてはならないものとなっています
(n´Д`)ハー 日本は地震が多いですからネ!!

中古の木製パレットの体積と値段との関係

30h

中古の木製パレットの値段は、商品によって様々です。
パレットAの値段は400円前後ですが、パレットBの場合は
350円前後などと色々あります。
ところでその値段は、どのような要素によって決まるのでしょうか。
たいていは体積ですね。上記の例で申し上げると、パレットA
面積は1万平米センチだとします。ところがパレットBの場合は、
9千平米センチなどの具合です。
つまり面積が大きくなれば、その分値段も高めになる傾向がありますね。

またパレットには、厚さもありますね。たいていのパレットは厚さが
14センチ前後なのですが、15センチや16センチなどと厚いものに
なると値段も割高になる傾向があります。つまり中古の木製パレットの
体積と値段には、比例の関係がある訳です。 ( 。∀゚)Д。)。∀゚)Д。) 納得納得

天気の良い日は明るい気分でいられます❤

30h

天気の良い日はやっぱり一日気分がいいです。
実は結婚する前は日差しの強い日は苦手でした。
日焼けするし肌トラブルも目立つので、うす暗い曇り
の方が好きだったんです。

しかし結婚して家事をするようになると、天気が良い方が
はかどるんですよね。洗濯ものがカラっと乾いてくれるし、
掃除してもホコリっぽくなりません。それに子供とお出かけ
するのにももってこいですし、外が明るいと気分も明るく
なります。それでもやはり紫外線は心配なので、子供も私も
外に出る時には日焼け止めと帽子を欠かしません。
今日は太陽のニオイがするふかふかの布団でぐっすり寝る
予定です。