妊娠6カ月にしてマタニティーウェアについて一度考えてみました

0

妊娠してから初期のうちはつわりなどの体調の変化でどうなってしまうのだろうと不安でたまりませんでした。
仕事も何日も休んでしまい、シフトも変えてもらったりして、これは元の生活にはなかなか戻れないだろうなと覚悟を決めていました。
そのため早い段階からマタニティウェアも購入しておこうとパンツとインナーだけは一枚ずつ念のため購入していました。

それが5か月に入るとすっかりつわりはなくなり、体調面は絶好調で仕事もほとんど今まで通りに働けるようになっています。
それどころか主人と一緒にお出かけもどんどんできるようになって、最近では毎日散歩をしたり休みの日は外食をしたりと楽しんでいます。
趣味のソーイングも積極的にできるようになってベビー用品はもちろん大物のカーテンを作り始めました。

そして驚いているのはマタニティーウェアが全く活躍しないままということです。
私の予想だと6カ月にもなればもっとお腹は大きくなっていつもの服だと間に合わなくなるのではないかと思っていたのですが、いつもの普段着で全く問題ありません。
確かに先月よりも明らかにおなかは大きくなっているのですが、私の持っている服が少しゆとりがあったのもあり洋服にはまったく困りません。
そのため今のところ自分から話さない限り誰にも妊娠していることを気付かれないままでそれだけは少し寂しく思うこともあります。
ただ今のところ持っている服で間に合っているのはすごくラッキーです。
いつまで購入せずに済むのかはわかりませんが、せっかくならシーズンが変わるまではとりあえず乗り切れないかなぁと思っています。
どうせなら完全に妊婦さんとわかるような格好もしてみたいのでもっとお腹が大きくなったらマタニティーワンピースも着てみたいと思います。

あと、気になっているのは持っているデニムのウエストに取り付けるゴムのようなものがあって、それがあればチャックを開けたままおなかが大きくなっても着用が可能なようなのでそれも購入を検討してみようと思っています。
まだまだ私の知らない便利なマタニティアイテムもあると思うので余裕のある今、色々調べてみようと思います。
akachan_ninshin

めっき装置の見直しによる大幅な経費削減

0

めっき装置を用いる時には、様々なコストは生じる事になります。それで装置を別の物に変えますと、かなりの程度までコストカット可能なケースもあるのです。
例えば電力の使用料などは、かなり事例が多いです。当然その装置を用いる時には、一定程度の電力は必要なのですが、少なくともそれは装置によって違いがある事は間違いありません。かなりの大電力を消耗する装置もあれば、もちろんそうでないタイプも存在する訳です。後者のタイプならば、コストを相当削減できる事も多いです。

それと、原材料に関する事柄も見過ごす事はできません。そもそもめっき装置を使うにしても、様々な材料を使う事だけは間違いありません。薬品や亜鉛の板など、様々な物品は必要なのです。

ただ必要量なども、やはり製品によって異なるのも事実です。上記の電力とほぼ同様です。ですのでコストカットを望むなら、やはり求められる材料のボリュームが少ない製品を選ぶと良いでしょう。

また水の使用量に関する違いもあります。少なくとも装置を使う以上は、少なからず水を使う事になりますが、それも装置による違いはあるのです。
このような装置の見直しなどは、ぜひ行ってみると良いでしょう。よくよく計算をしてみると、必要コストを50%ほどカットできる事もあります。
毎月のように60万程度のコストが生じているなら、それが30万程度にまで削減されれば、とても嬉しいですね。
なお大阪のめっき装置の会社によっては、その計算などを代行してくれる事もあります。どうも経費が大きすぎる時には、装置会社に相談してみると良いでしょう。

笹の葉さらさら、息子と娘と七夕の飾り付け

0

昨日の朝は、5歳の息子が通う幼稚園から七夕用の笹をもらいました。そして、自分たちで折り紙で作った短冊や天の川、織姫や彦星などを、その日の帰りにカバンに詰めて持って帰ってきます。自宅で、家族と一緒に笹に短冊をつけて完成させるという、毎年の恒例行事です。息子は帰って来るや否や、喜び勇んで笹に短冊を飾り始めました。

偶然にも、2歳の娘も同じ幼稚園の、プレ幼稚園のような教室に通っていて、その日は小さな枯れない笹と手作りの短冊をもらって帰ってきた日でした。最近は何でも兄の真似をしたがる娘で、ケンカによく発展していたので、娘のものがあって良かったと思わず安堵しました。私と娘は娘の笹に、息子は自分の笹に1人で飾り付けをしました。季節感あふれる、好きなイベントの一つです。2人とも飾り付けを終えた後は、わっしょいわっしょい!と頭上に掲げて、家中を練り歩くくらい喜んでいました。

その中でも、私が感慨深くなった瞬間は、息子が短冊に書いた願いごとです。年少の時は「アンパンマンにあいたいな」となんとも可愛らしい先生と相談して書いたような願いでした。翌年の年中は「にじのうえを わたってあるきたい」というメルヘン。想像力が豊かになってきました。素敵な発想だな、と親ばかながら思いました。そして、今回の年長は「りょこうにいきたいな」現実的!3年間での成長を感じました。そして、息子よ、最近連れて行ってあげられなくてごめん!と猛烈に反省しました。

こうしたイベントも、子供たちはきっと大きくなれば忘れていく記憶ですが、親になり一緒に作業をして会話をして楽しむという親になったから味わえるもの。親になった醍醐味だと思います。人生を楽しませてくれる子供たちに感謝です。そして、夏は七夕やお泊り保育、夕涼み会、秋は運動会、冬はクリスマス会や生活発表会など、様々な行事を体験させてくれる幼稚園にも感謝です。子供を養い、育てるということは何事にも代えがたい経験をさせてもらえます。
486266s

外車の中古車について

0

以前プジョー206を購入し、乗っていたことがありますが、外車の中古車を購入するときは気をつけなければいけないなあと、今となっては反省しています。
当時プジョー206という車は、世界ラリー選手権で活躍していた車で憧れでもありました。そんなプジョー206を購入しようと思っていたところに、中古車屋の店頭で格安のプジョー206が並んでいるではありませんか。

いろいろ悩みましたが、乗っている車もそろそろ限界が近くなってきたので思い切って購入してしまいました。
中古車なのでエンジンの美味しい時期は過ぎていたとしてもあこがれのプジョー206のオーナーになったと思い、納車日を心待ちにしていました。

が、納車されてガソリン満タンにしてしばらく走っていると車の中にガソリンのにおいが充満してきました。
あれ、おかしいなと思い、購入元にクレームを出してみるとエンジンの蓋の部分の一部が破損していて漏れている状態とのことでした。
道理で、試乗運転では気がつかないはずです。満タンにして気がつく箇所だったのです。

なおしていただけるということだったのでそのままお願いしましたが、納車されてわずか二日でまた修理に入るってどいうことだと思ってしまいました。
そこから1週間後にまた帰ってきましたが、同様の箇所がなおっておらず、結局ディーラーへ修理以来をする決断をすることになってしまいました。

ここで、勉強したことは国産車より輸入車は手がかかるということでした。いろいろとイライラすることも多く、また国産車と規格が違うことも多々あり、国産車を所有することに比べたら大変なことが多かったように思います。

今はデミオを所有していて、まあ手のかからないいい子なのですが、なんとなく、プジョー206を思い出すと手のかかる子だった割には、所有していた思いではいいものであり、国産車にはない所有する満足感はあったのだと思います。ただし、今度輸入車を購入するときは信頼できるディーラーでできれば新車で購入をと心の中で誓っております。

私の住む奈良にも外車修理に力をいれている業者が増えてきたように思います。
もし、次に外車を買うような事があったらそのようなお店から買いたいと思っています。

友人と共にみつけた3年前の盗難車

0

先日、長い付き合いの飲み友達と飲んでいた帰りのことです。

久しぶりに休みの前の日、私は一人で馴染みの焼き鳥屋に行き、そこから馴染みのBARに行くという、一人飲み歩きをしていました。午前様になるなあという股間になってきて、そろそろ帰ろうかと思っている時に、飲み友達が現れて、そこからまた飲み始めるという、結局朝までコースの飲みになりました。まあ、どうせなら朝まで飲んで、始発で帰る方が有意義だなと思い、彼に付き合っていたのですが、そろそろ朝方になるから帰ろうと促した時に、彼はまだ飲み足りないのか、お腹が空いたのか、食事をしに行こうと誘ってきたのです。もう既に結構飲んでいて、もう十分お酒は飲めないくらいになってきていた私は、ちょっと無理かなと思いつつも、ご飯を軽く食べるくらいなら大丈夫かなって思ってOKしました。

フラフラと明け方の街中を二人で歩き、他愛のない馬鹿な話を笑い合い、とても楽しい時間だったのですが、歩いている時に彼が突然「あ!」と叫んだのです。何があったのかと聞くと、私たちの目の前に、三年前に彼が大事にしていた自転車がありました。そう、盗難車です。見間違いようがなく、それは彼自身が作った、この世にただ一つの自転車。見間違うわけがありません。すべてオリジナルのパーツを組み合わせ、彼自身がタイヤの組み立てから何からしていたものなのですから。相当大切に、そしてお金もかけて作ったという、その自転車を見た彼は、もうそこから酔いも覚めたらしく、すぐに警察に電話。私も酔いが覚めてきて、とりあえず警察が来るまでは一緒にいようと、寒い中現場に立っていました。もしも、先に盗んだ人がきて、それが危険な人物だったら、友人の身が危ないと感じて帰れなかったのです。でも私みたいなのに何ができるんだろう?ってちょっと思いましたが、叫ぶくらいはできるなと勇気を出して待っていました。

まあ、何事もなく、先に警察が来てくれて、彼は長くかかりそうだし寒いし、先に帰っていいいよと言ってくれて、私は結局、寒さに負けて始発を待たずにタクシーに乗って帰ったのですが、その後ろ窓から警察と友人の姿を眺めながら、とても妙なことに遭遇したなあと思いました。自宅に付いて就寝し、目がさめると彼からメールが届いていて、その後、犯人はすぐには現れなかったので、警察が自転車のそばで張り込みをし、彼は漫画喫茶で待機ということになっていたようですが、2日経っても犯人は現れなかったようです。警察が張り込みしているのがわかったのか、もしくは私と彼がそれをみつけた時に見られて警戒されたのかはわかりませんが、あんなに珍しい自転車を放置するなんて、奇妙なことです。わざわざ登録も変えていたみたいですし、犯人自身も気に入っていたのだと思います。

たかが自転車でも泥棒は泥棒。犯人がわかって処罰されるというか、彼に謝ってほしいなと思いました。きちんと盗難届けも出していて、無事に盗難車は彼の元に帰ってくるようですが、犯人がまた同じことを繰り返さないかなということは心配しています。ただでさえ自転車の盗難って、なんだか普通に多いですし、それで困っている人も多いと思います。軽い罪なのかもしれませんが、もっと窃盗という意識を持ってほしいなと思いました。業者が大量に盗んでいく集団盗難に私もあった一人です。マンションの自転車置き場から20台近くの自転車が盗まれる。そんなことってあります?どんなに堂々と盗んでいるのか。自転車の盗難に対して軽く見ている人が多いと思いますが、この軽視されている困った犯罪を、もう少しキチンと取り締まってほしいなと思いました。
taiho

アメリカで会社設立をする時は自力よりも業者が良い理由

0

アメリカで会社設立をするとなると、方法は主に2つあります。どこかの代行会社に任せる方法と、自力でそれを行う方法があるのです。それぞれメリットがありますが、費用面を重視するならば、後者の方が望ましいとは言えます。
そもそも業者に何かを任せるとなると、たいていは所定の費用を支払いが必要になるのです。それも数千円程度の料金などではなく、1万円や数万円以上の料金支払いが必要なケースが目立ちます。色々と経済的な理由があり、それをできるだけ節約したい方々も多いでしょう。
それに対して自力の方法の場合は、そこまで多くの費用はかかる事はありません。逆に費用を低く抑えられるケースも目立つので、節約したい時には自力の方が望ましい一面はあります。

ところが自力の方法には、1つデメリットがあるのです。かなりの時間を割く必要があるからです。
例えば所定の公的機関に足を運ぶ必要があります。日本の所定の機関に行かなければならず、その時間を割くのが難しい方々も多いです。
また覚えなければならない知識も非常に多いです。書類の書き方1つ取ってみても、相当覚えなければならない事があります。それだけの時間を割くのが難しい方も見られるでしょう。

代行業者に任せるメリットは、そこにあります。手続きの大部分を任せられるので、時間と手間を節約できる傾向があるのです。忙しい時間を節約したいと思う時には、やはり代行業者に任せる方がメリットは大きいでしょう。

以外な場所でデートしてリラックス

0

夫のデートは車で買い物のついでにドライブやランチがメインでした。しかし買い物もスーパーと服などを見て、ちゃんぽんやラーメンといった軽い食事が多かったので、飽きてきていました。

最近、買い物のついでに意外な場所へ行くようになりました。 その意外な場所の一つはずばり神社です。神社やお寺は普段、お正月か法事などの時しか行くことはありません。
デートやドライブで行くカップルは少ないと思いますが、意外にこれが楽しいのです。
神社は思った以上にたくさんあり、駐車場もあるところが多いので車で行くのにちょうどよく、地図で調べてみると行ったことがない神社がたくさんありました。

なぜ楽しく感じたかというと、神社でお参りすると、自然と心が落ち着きます。そして大きな木が植えられているところが多いので、緑を眺めることでとてもリラックスできるのです。
季節が春であれば、梅や桜も咲いている神社もあり、お花に鳥がよってきて、自然を感じることもできます。何より、人が少ないのでゆっくりお花見ができてしまいます。

お参りにきている人は、散歩途中の方や、願掛けの方、たまに結婚式が行われていることもあります。そんなわけで、天気の良い日で暇な時は神社にふらっとドライブするという選択肢が増えました。
もちろん、デパートやアウトレットモール、映画なども楽しいので行きますが、普通のデートに飽きたら、神社に行くのがおすすめです。緑の中でお参りすると、気持ちもシャキッとしてリフレッシュできます。最近祖母も誘って一緒に連れていってみたら、とても喜んでもらえました。有名な神社では、お茶やカフェがあるところもあるので、休憩にぴったりです。そんなわけで今後もしばらく神社めぐりが続きそうです。

ランドセル購入は一大イベントでした

0

我が家の主人の勤める会社は、福利厚生のひとつとして、社長から、来年小学1年生を迎える子供にランドセルが贈られます。素晴らしい気配りだと思います。

噂では、牛革の立派なランドセルのようですが、第一子である娘が「赤は赤でも、変な色の赤が来たら嫌だから、断って!」と言います。
なんてわがままな娘だろうと思いましたが、最近はランドセルも個性の時代で、いろいろなブランドメーカーや、デパート、老舗ランドセル店、他業種もこぞって競い合っていると聞いて、「それなら、まわりに意見を聞いてみよう。」となりました。

幼稚園年中の1月ぐらいから、お母さんたち同士で話があがり始めます。たまたま選んだ新居は、文教地区(我が家は一般家庭ですが)で、娘の進学する小学校は、市内でも偏差値の高い小学校で、教育にお金をかける家庭が多い様子です。中には、去年のランドセルのパンフレット一式を、ひとつ上の学年のお母さんからいただいて勉強中の人さえいました。

老舗デパートや人気の子供服ブランドやメーカー、老舗のオーダーメードのランドセル店などは、もう年長の5月ぐらいから動きがあるようです。
8月ぐらいになると、もう人気のランドセルは受付終了になっていました。我が家は、限定品やブランドもの、高級なものは、もともと購入する気がなかったのでその辺までは焦りませんでした。

9月ごろ、近所の大型ショッピングセンターにも、色とりどりのランドセルが並び、娘に背負わせてみると、やはりピンクが気に入っている様子です。ピンクと言っても何色もあり迷ってしまいます。あまり早く選んで購入すると、相手はまだ幼稚園児なので入学直前に「やっぱりこっちの色がよかった。」ともめるとも聞きましたし、かといってこのままズルズルと引き延ばして、いざ購入するときに欲しい色がなかったらと葛藤がありました。
コードバンや牛革、クラリーノの素材選びや、色や、A4ファイルが入る大きさが必要かなど、同じマンションの3歳年上のお姉さんとそのお母さんから情報収集をしました。

その母娘から、「色や柄が凝ったものは犯罪の標的になりやすいし、学年が上がるとシンプルなものがよかったと後悔する。教科書が重いから軽い方がいい。みんな粗雑に扱うから、早い段階で傷だらけになるから、それを承知で高いものを購入するか、カバーをつけるか。たいていのランドセルはA4ファイルは入るから心配ない。」と教えてもらいました。通学する小学生の背中をみて、リサーチもしました。
我が家は転勤族だし、やはり色は、できるだけ赤(ピンクっぽい)でクラリーノにしました。

ちょうど、ランドセル専門店の型落ち品即売会があり、参加してみたら、CMでもよく耳にする有名ランドセルメーカーの2年前の型落ち品(新品)が2万5000円で、しかもクーポンでさらに3000円引きでした。
色も娘も納得できる赤があり、一緒に来ていたおばあちゃんに買っていただきました。おばあちゃんは、5~6万は覚悟していたようですが半額で済んで、驚いていました。

結局、娘は、色よりもランドセルを買ってもらえたことがうれしかったようで、あまり色は関係なかったようです。
1年がかりのイベントでしたが、納得いくものが購入できてよかったです。

日産の自動車について

0

日産自動車というと、昔から様々な車種を発売している自動車メーカーと言えるかもしれません。
特に、スカイラインという自動車は、日産が昔から発売している車種であり、今では高級セダンとして人気を博している自動車です。
一時は危機的な状況になったこともありますが、カルロス・ゴーン体制に変わってから、持ち直して着ているといえるのではないでしょうか。
電気自動車の「リーフ」やスポーツカーの「GT-R」など、かっこいい車も多いのではないかとお思います。
特に電気自動車については、日産と三菱しか発売しておらず、事実上の独占状態にあるのではないかと思います。
電気自動車も、当初は走れる距離が短いという問題がありましたが、航続距離がだんだん伸びてきており、充電スタンドも徐々に増えてきているなど、だんだん実用的になってきていると思います。
また、日産というと、自分は西部警察のイメージが強いです。
石原軍団の乗る車は日産のスカイラインやフェアレディZなど、当時の日産を代表する自動車が使われていました。
特に金色に塗装された、「スーパーZ」というフェアレディZがとてもかっこ良く、プラモデルを作ったり、ラジコンを買ったりして遊んでいたことを覚えています。
やはり日産というと、スカイラインGT-Rのイメージも強いと思います。
モータースポーツ界で長らく活躍していた車です。
今でも走り屋の人たちが乗っていることも多く、日産のイメージを作ってきた車であるといえると思います。
car_sports

動作の根幹をなす車のバッテリー

0

車の動作環境の根幹を、バッテリーが構成していると考えられています。
すべての車においてこうした特徴が見受けられているため、車のバッテリーの存在は非常に大きなものとして認識されているのではないでしょうか。
そのため、恒常的にバッテリーの性能が良い状態に保たれることが望ましいとされており、状態をチェックする意識を強く持つことが重要であると捉えられています。
現在では、バッテリー自体が高性能なものとなってきつつあることから、車の動作がスムーズになることにも繋がっているのではないかとみられています。
車のバッテリーが起点となって確立される動作は、非常に多く存在していると考えられています。
車のエンジンを動かしたり、空調設備の起動に関与したりしていることが最もよく認識されているため、重要なパーツの一種として捉えられているのではないでしょうか。
バッテリーに不具合が生じた際には、車が作動しなくなることもあると考えられています。
バッテリーが寿命となった場合などは、新たなバッテリーと交換することによって、それまでと同様に車が動くようになるとみられています。
普段からバッテリーの状態に配慮し、不具合の生じた際に迅速に対応できるようにすることが、望ましいと言えるのではないかと思います。
車のバッテリーが車を作動させるための根幹をなすということに関しては、これからも同様の状態が保たれていくのではないかと予測されています。
これまでよりも高性能なバッテリーも存在するようになることが見込まれているため、スピーディーに車が動き、運転する人の要望通りのレスポンスを提供する車が大半を占めるようになるものとみられています。
バッテリー自体の機能が向上することによって、搭載される車のスペックが良くなったり、快適な走行が常時可能になったりすることにも関与すると考えられ、関心が抱かれています。