相撲を見るのが楽しみの一つ

私の趣味の一つに、相撲観戦があります。

相撲観戦と言っても、直接、

両国国技館などに行って見ることはありません

テレビ観戦オンリーです。

モンゴル勢って本当に強いですね。

日本人も強い人がいますが、横綱にはかないません。

大関と横綱には、歴然とした差があると思います。

ふと、力士たちが相撲を取るときに付けている、

まわしの飾りが気になりました。

あれは何て言うのだろうかと、

ネットで調べてみることにしました。

分かったことは、そのまわしに付けている飾りは、

「下がり」と言うそうです。

相撲を取っているときに、よく下がりが外れますよね。

そしてそれを行司さんが拾って、

パッと土俵の外に投げる仕草も様になってますよね。

分かったことは、下がりという名前だけではありません。

下がりを付ける以前は、化粧まわしのようなものを付けて、

相撲を取っていたそうです。

でも、相撲を取るにはあまりにも邪魔だったので、

今のような、下がりというものを代わりにつけて、

相撲を取ることになったそうです。

私は、今日は下がりに注目しましたが、

まわしの色にも注目しています。

まわしは単色だと決まっているのかもしれませんが、

さまざまな色のまわしがあるので、

そういった視点で相撲を見るのも楽しみの一つです

sumo_rikishi

タイトルとURLをコピーしました