めっき装置の見直しによる大幅な経費削減

めっき装置を用いる時には、様々なコストは生じる事になります。それで装置を別の物に変えますと、かなりの程度までコストカット可能なケースもあるのです。
例えば電力の使用料などは、かなり事例が多いです。当然その装置を用いる時には、一定程度の電力は必要なのですが、少なくともそれは装置によって違いがある事は間違いありません。かなりの大電力を消耗する装置もあれば、もちろんそうでないタイプも存在する訳です。後者のタイプならば、コストを相当削減できる事も多いです。

それと、原材料に関する事柄も見過ごす事はできません。そもそもめっき装置を使うにしても、様々な材料を使う事だけは間違いありません。薬品や亜鉛の板など、様々な物品は必要なのです。

ただ必要量なども、やはり製品によって異なるのも事実です。上記の電力とほぼ同様です。ですのでコストカットを望むなら、やはり求められる材料のボリュームが少ない製品を選ぶと良いでしょう。

また水の使用量に関する違いもあります。少なくとも装置を使う以上は、少なからず水を使う事になりますが、それも装置による違いはあるのです。
このような装置の見直しなどは、ぜひ行ってみると良いでしょう。よくよく計算をしてみると、必要コストを50%ほどカットできる事もあります。
毎月のように60万程度のコストが生じているなら、それが30万程度にまで削減されれば、とても嬉しいですね。
なお大阪のめっき装置の会社によっては、その計算などを代行してくれる事もあります。どうも経費が大きすぎる時には、装置会社に相談してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。